本文へスキップ

長野県千曲市 内科・呼吸器内科

ご予約・お問い合わせは
TEL.026-276-2700

慢性閉塞性肺疾患 COPD

慢性閉塞性肺疾患

 タバコで肺の構造が破壊されてペラペラの肺になってしまい、息を吐こうにもチェックバルブの働きで気管支が閉じ息が吐きづらくなる病気です。いわば呼吸器の生活習慣病です。2020年には死亡原因の第3位になると推測されています。喫煙者で階段の上り下りで呼吸困難を自覚する方は要注意です。重症の方が酸素ボンベを引いているのをよく見かけるでしょう。桂歌丸さんは笑点に復帰した際に酸素ボンベを公開していましたが、1日70本の喫煙を52年間吸い続けていたそうです。

【症状】
 歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。一部の患者では、喘鳴や発作性呼吸困難などぜんそくの様な症状を合併する場合もあります。

【診断】
 
 胸部X線やCTでは破壊された肺胞構造を反映して特徴的な画像を呈します。また、肺機能検査で重症度が検査でき、肺年齢が計算可能です。あなたの肺年齢は何歳ですか。禁煙や呼吸筋のトレーニングで肺年齢は若返ります。
 
【治療】
 一度破壊された肺は元に戻らずこれ以上破壊しないように禁煙することが第一です。咳や呼吸困難の症状を緩和するため、重症度に応じて気管支拡張剤等を使用します。呼吸リハビリや重症例では在宅酸素療法を検討することもあります。




  COPDの胸部X線(左)・・上下に長く伸びている肺 
 胸部CT(右
)・・蜂の巣のようになって真っ黒い部分は空洞化して機能していない部分

Yamazaki Clinicやまざき医院

〒389-0805
長野県千曲市上徳間346
TEL 026-276-2700