本文へスキップ

長野県千曲市 内科・呼吸器内科

ご予約・お問い合わせは
TEL.026-276-2700

非結核性肺抗酸菌症Non Tuberculous Mycobacteriosis

非結核性肺抗酸菌症

 

  聞きなれない病名ですが別名は非結核性抗酸菌症ともいわれます。抗酸菌には結核とそうでないもの(非定型抗酸菌)があります。非定型抗酸菌は土壌や水周りに普通にいる菌(常在菌)であり、免疫不全者が感染する確率が高いと言われていますが、何故か中年以降の健常な女性にも多く見られます。結核菌とは異なり、人から人に感染しませんので隔離は不要です。

  日本ではマイコバクテリウム・アビウム・コンプレックス(MAC菌)が最も多く、次いでマイコバクテリウム・カンサシでこの2菌株で90%以上を占めます。

 非定型抗酸菌は身体のさまざまな部位で感染症を起こしますが、呼吸器感染症の頻度が高いのが特徴です。

 
【診断】
 検査は、喀痰や気管支の一部をとって培養したり遺伝子検査で診断します。胸部CTを撮影すると肺の中葉と舌区という部分に優位な粒状影を認めます。

【治療】
 イソニアジド、リファンピシン、エタンブトールなど抗結核薬を使用しますが、結核のように薬がよく効きません。さらにこれら抗結核薬の副作用(末梢神経障害(しびれ)、肝機能障害、 難聴、視力障害ほか)を考慮し、治療を開始すべきかどうか慎重に判断する必要があります。薬剤は排菌消失後、少なくとも1年以上は内服する必要があります。


Yamazaki Clinicやまざき医院

〒389-0805
長野県千曲市上徳間346
TEL 026-276-2700